永瀬沙世は旅行中 『Sayo Nagase ,Traveling』

国内外で活躍する写真家の永瀬沙世 http://www.nagasesayo.com/ 【新作!個展】8/1(木)-18(日)

自分の力をとりもどして 。まだまだやれるよ。自分ってそんなもんだったかい!?

今までの自分を超えるって決めると、未知なる自分に出会う一歩を踏み出せる。
 

8/1からの個展とNEW BOOKは「世界を創造するインスピレーションは無限に回る、遠心力で未知の世界へ」をテーマに制作された『MERRY-GO-ROUND』。

 
今自分が頑張っていることもなく、自分につまらないと思っているのなら
 
人生をかけてやりたいことが見つけられていないだけ

なのかもしれない。
 
そうだったとすると、自分の軸が見えなくなって、遠心力が出ない。
 
無駄に不安になったり逃げたくなったりグラグラする。
私自身、という人間の軸が見えていないと、他人はあなたの魅力の立ち位置やアウトラインがはっきり見えないので人として魅力が見えづらいので人としてなかなか惚れないんです。(本当は魅力はあるんだけどね)

 


ありのままに表現できる、自分の弱さ、怖がってることを受け入れられる人間が

(男性には難しいんだけどね)

が、本当は一番強いのです。

 

理性、信念、プライドを守りすぎて、

気づいたら、本能、感情、本来の自分の姿、魅力を忘れてしまっただけなのかもしれません。 


己のすごさを あなどってる人が多いのかな

自分が持ってるもの出しきった?


まだまだやれるよ。未知数だよ

 

自分ってそんなもんだったかい!?
 

自分の力をとりもどして 
 
本来の自分を忘れてしまったかい?


こんなかんじでいいっしょ〜って自分自身に対してごまかしてる?

かしこくて、計算しすぎて動けない人はたくさんいるかもしれないけど

本能的な魅力や色気を感じないよ
 
何かにチャレンジしている人やりつづけている人は、周りが助けたくなるし応援したいから、自分もそういう人でいたい。
 


自分を解放して、すぐに変えられることはできないけれど一歩を踏み出すことは、本来の自分に近づくよ


愛情深くて色っぽくて人生楽しんでいる未知の自分に MERRY~GO~ROUND 
 

 
「私たちの生き方には二通りしかない。奇跡など全く起こらないかのように生きるか、すべてが奇跡であるかのように生きるかである。」
by アルバート アインシュタイン



限定300部の写真集は、個展会場で先行発売します♪ ♡ 
✴️ハードカバーによる外装と手作業による加工が施され、1冊1冊が貴重なものになります♡
 
 
WEB SHOPで予約販売予定なので、またおしらせします。
また過去の写真集はこちらから購入できます。📚http://yomogibooks.buyshop.jp

 

 個展情報👇

永瀬沙世「MERRY-GO-ROUND」EXHIBITION - Sayo Nagase

f:id:sayongs:20190729005336j:plain

 

NYやLAのアーティストの友達がいろいろなプロジェクトをやっていて、

今回の個展ではブランドとして「FAIRY ORGAN (フェアリーオーガン)」を立ち上げ、会場では 1点ものの限定Tシャツを販売致します。
一点一点、手で染めて さらにここからロゴをシルクで刷るのでスペシャルなものになるよ、限定20個しかないのでお急ぎを ^^; ♪

 

f:id:sayongs:20190724213237j:plain

 

ブランドを立ち上げるきっかけになったのは、
友達がやっているメンズのお店、ドミサイルに行った時
CNYっていうブランドのスエットがすごくかわいくて聞いたら、
NYの写真家のピーターサザーランドがやってるブランドなんだって友達が教えてくれて、

その後、ドーバーストリートマーケットで同じスエット買って。
3枚も同じピンクのメンズサイズのスエット持っているんだ。


 

f:id:sayongs:20190724213340j:plain

いつもギャラリーで作品のグッズとしてTシャツやアイテムは作ったことがあったけれど、独立したブランド名をつけたことがなかったから、

 

今、NYやLAのアーティストの友達たちがいろいろなプロジェクトをやっていて、それをヒントに


楽しそうだからやってみました。これからも他のアイテムも作っていきたいなと思っています。

 

f:id:sayongs:20190724213407j:plain


 

ちなみに、この素敵なTシャツは


染め=Dyer!は「FAIRY ORGAN (フェアリーオーガン)」を手伝ってくれている友達の

 

Yumi chan @shimizuyumi.officialアメリカと東京ベースで、女優をしています。)に染めてもらってます。

 

いっこいっこ絞って丁寧に染められているほんっとうにスペシャルなものになっています。


彼女は編み物もすっごく得意で独特の色センスを持っていて、
私がよく持っている、たくさんのBAGは彼女が編んでくれたもの。

 

f:id:sayongs:20190724213447p:plain



ロゴは今回の個展で絶賛作成中の写真集と同じNatsuko Yoneyamaさんに作ってもらいました♡贅沢

 

f:id:sayongs:20190724213517j:plain



メンズも着て欲しいので2サイズで展開しています🙆‍♂️

 

f:id:sayongs:20190724213635j:plain


 

つくってつくってつくってつくりつづけて

年に1度は個展と写真集リリースをやってきたのですが、

誰かにイベント企画を持ちかけられたわけでもなく、


ゼロから自分で構想を練ってからギャラリーにこういうのをやりたいと話します。

周囲から見たら、前やったばかりなのにもう次やるの?モチベーションすごいね!やりたいことを躊躇なくやっていて...エネルギッシュ!っておもわれているみたいだけど、

f:id:sayongs:20190721160354j:plain



実は、

毎回、終わった後

当分いいや。。。もう無理。。自分が今やれることは全部出した、やった、

もう疲れた。しんどー もういいわ😵😵😵へとへと

って実は毎回思って

ました。

でも、時間が経つとまたやりたくなるんです。

エネルギーを注げることしたい

新しい世界を見たいって。

自分自身に飽きたくないんです。

人生って、自分自身に退屈してしまったら、

残りの人生長すぎます。。。笑

油断すると、毎日をなんとなく生きてしまう

私ってつまんない人だなぁ。って。

それでも構わないけど、

残りの人生長すぎます。。。笑

大人になると、考え方の癖や固定概念や常識に無意識にとらわれていると世界はひろがらない。

自分の世界を持っている、生きる目的を持っていると

特定の誰かに認められたいがために関心を引こうとしたり、

寂しいからとか、利益のためにあの人と繋がっとこうかなとか、

今の自分に飽きているから誰か刺激的な人から刺激もらいたい。

と他人の顔色を伺ってまで誰かと繋がる必要もなくなる。

すごい楽!

今回の8/1からの個展のタイトルはメリーゴーランド。
世界を創造するインスピレーションは無限に回る、遠心力で未知の世界へ

これがきっかけで「今の自分が本気でやりたいこと見つけよ」

って、なる人がたくさんいますように、
って思って準備しています♡


●ハワイの海辺、日本の雪山で天国、楽園のイメージで撮ったものです。

●12冊目の新作写真集がリリースされるのですが、
「限定300部」しか作らないので、すごく一個一個を貴重なものにしようと思っていて。初めて1冊づつ、手作業で写真を貼っていきます。

●展示期間中ストーリーライブなどのゆるゆる動画配信 余力があったらします〜余力あるかな。

●新ブランドを立ち上げ、会場では1点ものの限定Tシャツも販売致します。

 

f:id:sayongs:20190721022329j:plain


この度ALにて、永瀬沙世 個展「MERRY-GO-ROUND」を開催致します。
毎年コンスタントに作品制作を続け、今作で12作目の発表となる、永瀬沙世。
本展開催に併せ写真集も作成。会場にて作品とともに展示販売致します。
皆さまのご来場、ご高覧をお待ちしております。

永瀬沙世「MERRY-GO-ROUND」
会期:2019年8月1日 [ 木 ] ‐ 8月18日 [ 日 ] 火曜日定休
会場:AL www.al-tokyo.jp
住所:東京都渋谷区恵比寿南3-7-17 1F
時間:12:00〜19:00 入場無料
電話:03-5722-9799

「世界を創造するインスピレーションは無限に回る、遠心力で未知の世界へ」をテーマに制作された本作『MERRY-GO-ROUND』。
天国や楽園を想起させるイメージは、ハワイの海辺、日本の雪山などで撮影されました。
約1800枚の中から厳選された写真とともに動画インスタレーションも織り込んだ展示構成にて本作を発表致します。

 

ハードカバーによる外装と手作業による加工が施された本文により構成され、1冊1冊が貴重なものとなります。
300部限定の発行となり、本展で先行販売致します。

 

恋愛や人間関係や表現、活動、創作の場面での共通点 🌟

情熱を注いで、
一生懸命にやっている人が
真剣に何かに取り組んでいる時って
無我夢中だから
髪の毛が乱れてたり、
汗だくになったり、
声が裏返っちゃったり、
スマートじゃなくなるよね。

f:id:sayongs:20190715171403p:plain

たとえば
私だったら、
撮影をしているとき、


上手に心の殻を破れないモデルがいたとする。

そのモデルは、カメラに向かってどう見せるかを
考えすぎたり、
思考の罠にはまって、
世界観に集中できない。

 

そういうとき、
心のブロックを外してもらうために
私とADがなりふり構わず、
カメラの前に立って見本を見せたり、
声を張って伝えたりするんだけど、

 

そうすると、
本当に稀だけれど、この私たちの行動を、笑う人がいる。

 

 

もっと一般的な例でいうと、
外国人が、たどたどしく日本語を話して

自分の考えを表現をしようとしているのを
、みんなが笑うのにちょっと似ている。

 

 


上の2つの例は、きっとみんな悪気はないんだろうし、
もしかしたら自分もやっちゃうかもしれない。

 

f:id:sayongs:20190715171525p:plain

何かを誰かに伝えたい時、
自分がスマートにパーフェクト
に見られたいに決まっている。

 

でも、恋愛や人間関係や表現、活動、創作という
カッコつけれないような時、


勇気ある行動や歩み寄りが、大切なものを
生むきっかけになる


素直に誠実に考えや気持ちを伝えることで、
つながる


必死になってる姿をみせたくないとか、
誰か何を思われるかを気にしたり、
失敗したら傷つくとか、

嫌われたくない

周りばかり気になるのって

 

生まれてきてからこれまでの、
環境や社会の影響なんだよね。


そういう気持ちは

 

表現の質の
純度が低くなるし

自分の首をしめて


本当に欲しいこと、ものを
取りに行けなくなってしまう。

 

f:id:sayongs:20190715171637p:plain



自分のやり方に制限をかけることを減らしていく、

 

そうしたら

 

創造の可能性が広がるし、

 
創造性を解放しはじめると
 
自分が見たい世界を表現できるようになってくる。
 

本当に欲しいこと、もの

取りに行こうよ

 

2016年に制作したCUT-OUTという作品は

 

そういう、制限の解放を考えていた時の作品です。



f:id:sayongs:20190715171130p:plain

 

 

-yomogibooks- online shop 作品集もあります📘 online shop

 

https://sayonagase.format.com/4312549-cut-out  展示の詳細🖼

 

#永瀬沙世

 

8/1〜の個展フライヤーできました。回る回る〜

永瀬沙世 個展 MERRY-GO-ROUND

8/1~ at 代官山AL

12冊目にリリースする写真集!!

定300部です

 

タイトルはメリーゴーランド。

インスピレーション回る回る未知の世界へ🌀

 

 

そして、できたてほやほやの

文字が回るデザインのフライヤーは

東京都現代美術館で3連休に開催されている

THE TOKYO ART BOOK FAIRの@ A-024 AL/KIKI ブースでゲットできます。今までの写真集もあります⇩

今までの本はonline shop📕

 

 

f:id:sayongs:20190714164205j:plain

 

フライヤーはこちらです⇩

f:id:sayongs:20190714162208j:plain



💭妄想が実現可能か、検証を重ねる💭

やりたい→仮説→検証→GO→修正→FINISH の繰り返しをやるのが好きなんだけれど。

Note と hatena のブログどっちが書きやすいか、hatenaも同時 に数日試して検証!実験してみます。(アメブロはnoteをやる前に10記事くらい練習して見て、検証済み🔬)

https://sayon.hatenablog.com/はてな
https://note.mu/sayon (note)

 

展示の前は頭の中でやりたいなというものを

細かく分けて妄想して、メモに書いて、画像フォルダにまとめて(仮説)

とりあえずやってみる(検証)

もっとこうできるかもってわかってきて(検証2)

そして、取り掛かる(GO)

そのあと、また気になったところやうまくいかないところを修正(修正)

で、またGOの繰り返し。→→ 🔄

 

妄想が実現可能か、検証を重ねる💭

とにかく、全てを固めてからFINISHしようと思うと、人間ってなぜかGOできなくなるのです。ものごとの先延ばしをしてしまうのです。

もしできなかったら…と怖くなる動物なの。だ よう

 

今まで (今も)

顔を赤らめる 失敗をたくさんして 今にいたる🤗💪

8/1の展示に向けて検証続けています。額と額の距離、写真紙の大きさ、紙の厚さ、光、風、、、、♡

 

3年前の展示の構想メモについてはここに書いてあります♪

sayon.hatenablog.com

 

http://yomogibooks.buyshop.jp/ 今までの本📕online book shop

やっと人の手が入る!という、嬉しさにあふれた日

8/1〜の個展で12冊目の新作写真集がリリースされるのですが、

「限定300部」しか作らないので、すごく一個一個を貴重なものにしようと思っていて。

1800枚撮影したものを、なんどもなんどもセレクトをやり直して、最小まで絞ったのに、

もういっかい検証しようと思って、また1800枚に戻ってまた、

一人で何度も自問自答する作業、途中で何度もだれか助けて〜って

気分になったり。。。笑

散歩したり音楽聴いたり、友達とメッセージ送りあって癒されたりw

他のことをして気分を変えたり、場所を変えてから、

勇気出して又取り掛かっていく、という繰り返しの

いかに純度を高めるかの1ヶ月でした。

そして

昨日は写真集のデザインのためにグラフィックデザイナーの山菜津子さんの事務所で打ち合わせして来ました。

 

デザイン打ち合わせは「やっと人に助けを借りられる!人の手が入る!」という、嬉しさにあふれる待ちに待った日でした。

 

 

写真集の中身をチラ見せ👇

菜津子さんはアート関係の書籍だけでなく、ファッション雑誌Ginzaをこの前までアートディレクションしており、Gatewayという本も出版されています。

 

菜津子さんの文字の入れ方!本の構成、紙の選び方!すごいです。

 

彼女のすごいところはデザインが勇者のようなのです。すごい緻密で技術が高くて、アイデアの引き出しが細かく多いのに、出してくるデザインがシンプルで強くてダイナミックでスピーディで、ドッジボールみたいに的をバシッと打つような迷いがないところです。

https://sayonagase.format.com/2825647-sprite
3年前のspriteという写真集の本のデザインをしてくれました。

 

 

自分の作品の本を作るときのデザイナーは本当に相性が一番大事なのです。言葉を尽くさなくても、どこに落とし込みたいかが伝わる、その上想像の斜め上のものができてしまう。これは、言葉じゃないところでのコミニケーションや感性なので本当に何年も見つからずに探していました。

こんなにプロフェッショナルな上、ご本人はいつも楽しそうなのです。私も本当に、デザインの打ち合わせ、この時間がいつも好きで、楽しい。 

♡写真集「MERRY-GO-ROUND」Sayo Nagase
仕様:315×280mmヨコ長/ドイツ製本/24頁/PP貼
ISBN:978-4-9905696-7-9
デザイン:米山菜津子
協力:YYY PRESS
発行:YOMOGI BOOKS
初版:300部

です!8/1 リリースです。

 

http://yomogibooks.buyshop.jp/ 今までの本📕online book shop